IR情報

 株主の皆さまには、平素は格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 第108期(2015年4月1日から2016年3月31日まで)の業績をとりまとめましたので、ご報告申し上げます。

 当期における売上収益は、為替換算の影響による増加はあったものの、二輪車用製品、四輪車用製品及びステアリング製品の販売が減少し、前期に比べ減収となりました。利益につきましては、当社グループにおいて生産したガススプリング製品の一部における不具合に対する補償費用(製品保証引当金繰入額)等を計上したことにより、営業利益、税引前利益及び親会社の所有者に帰属する当期利益は前期に比べ減益となりました。

 当社では、独自の制御ロジックにより既存の車両センサーを利用した電子制御可変ダンパーシステム「IECAS(Intelligent Electronic Control Adaptive Suspension)」の開発が完了し、生産を開始しました。また、電動パワーステアリング「DPA-EPS」を日本、メキシコに続いて、タイと中国でも生産を開始いたしました。

 当期の期末配当金につきましては、1株につき19円の予定としていましたが、前述の補償費用等の計上により、営業利益、税引前利益及び親会社の所有者に帰属する当期利益が前期を大幅に下回る大変厳しい業績となり、今後の事業展開と連結業績などを総合的に勘案のうえ慎重に検討しました結果、1株につき8円に修正させて頂きます。この結果、当期の年間配当金は、中間配当金19円を含め、1株につき27円となります。
 なお、次期(2016年4月1日から2017年3月31日まで)の配当予想につきましては、1株につき中間、期末ともに8円とし、年間配当金は16円とさせて頂く予定です。

 株主の皆さまにおかれましては、今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成28年6月
取締役社長
杉山 伸幸

一覧IR情報の最新情報