プロペラシャフト

機能と役割

 四輪駆動車や後輪駆動車のようにエンジンと駆動軸が離れている場合、エンジンで発生した駆動力を駆動軸に伝達するのが、プロペラシャフトです。プロペラシャフトは、その機能上、長い棒状のたわみやすい形状になります。これに回転が加わるとさらにその傾向が助長されます。たわみは振動を引き起こし、静粛性を失わせる原因となります。そのため、プロペラシャフトは走行中の高速回転域においても、さまざまな原因で発生する振動を抑えるよう設計されています。

プロペラシャフトの種類

1ピースタイプ プロペラシャフト

1ピースタイプ プロペラシャフト

[適用車種]
エンジンと車軸間の距離が短い車種、MRベースの四輪駆動車等

[特徴]
接合部に摩擦圧接を採用し、接合部の強度・品質・耐久性を向上させています。部品点数の削減および軽量化を実現。

   
2ピース/3ピースタイプ プロペラシャフト

2ピース/3ピースタイプ プロペラシャフト

[適用車種]
エンジン位置と車軸間の距離が長い車や、FFベースの四輪駆動車等

[特徴]
プロペラシャフトを2分割又は3分割することにより、全長アップによる危険回転数を低下し、振動を抑えることが可能。また、パイプ内にダイナミックダンパーを入れることにより、振動および騒音を低減。