四輪車用製品:ショックアブソーバ

機能と役割

ショックアブソーバ内の模式図

ショックアブソーバ模式図

ショックアブソーバは、スプリングをともない車体とタイヤの間に取り付けられています。スプリングの弾性が路面からの衝撃を和らげますが、復元力も備えているため車体を振動させる原因になります。こうした振動を吸収するものをショックアブソーバといい、その粘性抵抗力を減衰力といいます。

ショックアブソーバによって、乗り心地を向上させることはもちろん、車体の姿勢や操縦安定性をコントロールすることもできます。クルマの性格を決める重要な部品です。


サスペンション形式とショックアブソーバの種類

ダブルウィッシュボーンもっと詳しく

コンベンショナル

コンベンショナル

二重の筒で構成され、低圧窒素ガスが封入されたショックアブソーバ。しなやかで安定した乗り味を得ることができる。
もっと詳しく

 
分離加圧

分離加圧

窒素ガスとオイルをフリーピストンで分離したショックアブソーバ。応答性に優れており、軽量化も達成可能。
もっと詳しく

 

ストラットもっと詳しく

コンベンショナル

コンベンショナル

サスペンションの支持構造の一部を受け持つ二重の筒で構成されています。ダブルウィッシュボーンと同じく、低圧窒素ガスが封入されたしなやかで安定した乗り味のショックアブソーバ。

 
倒立高剛性

倒立高剛性

シングルチューブ式を上下反転させた構造。ストラットの場合は車体からの高荷重を受けるが、太いパイプを使用しこれに耐える剛性を備えています。

 

スプリング別置き(リジットアクスル等)

スプリング別置き(リジットアクスル等)

ユニットダンパー

スプリングを別に設置し、減衰機構のみのシンプルな構造となっています。



ショーワの取り組み

乗り心地や燃費を向上させるために、高張力材を採用したショックアブソーバの開発に取り組んでいます。
さらに乗り心地を良くするために、ショックアブソーバが動く際の抵抗をコントロールするオイルシールの開発も手がけています。一つ一つの部品性能を向上させたうえで機能面から統合することによって、高付加価値を目的としたモジュール化製品の開発を得意としています。

 

設計

設計

解析

解析