二輪車用製品:フロントフォーク

機能と役割

 ショックアブソーバは、姿勢及び緩衝作用を決めるスプリングと振動を抑えるダンパーで構成され、二輪車用では、フロントフォークとリヤクッションに大別されます。
  フロントフォークの役割は以下のとおりになります。

  • 車両のフレームと同様、車体剛性部材として、例えば、ハンドル操作時に車輪の向きを変えたり、ブレーキング時に、振られが発生しないようにするため、車両に合わせた剛性を持たせています。
  • 車体の安定性をバランスよく保ち、直進安定性や旋回性を確保しています。
  • ブレーキング時に急激にフロント姿勢が沈み込まないように抑えたり、路面凹凸による突き上げを緩和します。
  • 常に路面と接地させることにより制動力を保ちます。

フロントフォークの種類

正立フロントフォーク

デュアルベンディングバルブ

デュアルベンディングバルブ

フリーバルブ構造に代わり新構造のバルブユニットを搭載。チェックバルブとディスクバルブを伸び側/縮み側で独立して配置し減衰力をコントロール。このバルブユニットはピストンスピードの低速域から高速域までリニアに変化する減衰力特性が得られる。

技術情報「SDBV」へ

   
フリーバルブタイプ

フリーバルブタイプ

構造が比較的簡単で安定した性能を持つ構造。 小型スクーターから大型アメリカンタイプまで幅広い車体に採用。

   
ラックアシスト電動パワーステアリング [RA-EPS]

カートリッジタイプ

ダンパーにより高剛性と安定した減衰力を発生することが出来る構造。 主に大型オンロードモデル等に採用。


倒立フロントフォーク

Big Piston Front Fork [BPF]

Big Piston Front Fork [BPF]

ピストンサイズを大きくすることにより減衰力の応答性を向上し高い性能を発揮させることが出来る構造。
主に大型オンロードモデルに採用。

   
Separate Function front Fork [SFF]

Separate Function front Fork [SFF]

一方に分離加圧ダンパーを備え、もう一方にスプリング機構を持たせ、機能を分担させることにより高いダンパー性能と軽量化を両立することが出来る構造。主にモトクロス用レースモデルに採用。

   
Balance Free Front Fork [BFF]

Balance Free Front Fork [BFF]

当社独自の「バランスフリー」構造は、シリンダー内のピストンに減衰力を発生しない構造を採用。減衰力発生機構をシリンダー外側に配置、加圧することで減衰力応答性を向上。

技術情報「BFF&BFRC-lite」へ

   
カートリッジタイプ

カートリッジタイプ

ダンパーにより高剛性と安定した減衰力を発生することが出来る構造。主に大型オンロードモデル等に採用。

   
分離加圧タイプ

分離加圧タイプ

ダンパーを加圧することにより大幅に性能向上を果たしたダンパー。主にモトクロス用レースモデルに採用。


電子制御式減衰力可変ダンパー

Electronically Equipped Ride Adjustment [EERA]

Electronically Equipped Ride Adjustment [EERA]

従来は四輪車用からの転用が多かった電子制御式油圧バルブをショーワは二輪車用として独自開発。二輪車用に最適化した特性とすることで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。

技術情報「EERA」へ