二輪車用製品:リヤクッション

機能と役割

 ショックアブソーバは、姿勢及び緩衝作用を決めるスプリングと振動を抑えるダンパーで構成され、二輪車用ではフロントフォークとリヤクッションに大別されます。
  リヤクッション役割は以下のとおりになります。

  • 車体の姿勢をバランスよく保ちます。
  • 路面凹凸による突き上げショックを緩和します。
  • タイヤと路面との接地力の変化を抑え、タイヤに掛かる駆動力をスムーズに路面に伝え、トラクションを得やすい状態を作り出し、車体の駆動力・制動力を保ちます。

リヤクッションの種類

ダブルチューブ

コンベンショナル

コンベンショナル

筒が2重に配置されており、内側をオイル室、外側をエアー室とした構造であり、中には低圧加圧をすることにより安定した減衰を得る構造。小型コミューターから大型アメリカンタイプまで多岐に渡って採用されている。


シングルチューブ

Balance Free Rear Cushion [BFRC]

Balance Free Rear Cushion [BFRC]

当社独自の「バランスフリー」構造は、シリンダー内のピストンに減衰力を発生しない構造を採用。減衰力発生機構をシリンダー外側に配置、加圧することで減衰力応答性を向上。

技術情報「BFF&BFRC-lite」へ

   
単筒式タイプ

単筒式タイプ

オイル室とガス室が完全に分離しているため減衰力が安定し、高い性能を発揮することが可能。ただし、小型車の一部には隔壁を設けていないタイプが採用されることもある(エマルジョンタイプ)。

   
サブタンク付き

サブタンク付き

基本的にはシングルチューブ(単筒式)と同様ですが、更に、オイル量が多く放熱性に優れ、幅広いセッティング自由度を備えた高級モデル。特に性能を要求されるタイプの車体に採用。


電子制御式減衰力可変ダンパー

デュアルベンディングバルブ

Electronically Equipped Ride Adjustment [EERA]

従来は四輪車用からの転用が多かった電子制御式油圧バルブをショーワは二輪車用として独自開発。二輪車用に最適化した特性とすることで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。

技術情報「EERA」へ