二輪車用製品:ショックアブソーバ(リヤクッション)

機能と役割

ショックアブソーバ内部の模式図

ショックアブソーバは 姿勢 及び 緩衝作用 を決めるスプリングと振動を抑えるダンパーで構成され、二輪車用では フロントフォークとリヤクッションに大別されます。
リヤクッションは

  • 車体の姿勢をバランスよく保ちます。
  • 路面凹凸による突き上げショックを緩和します。
  • タイヤと路面との接地力の変化を抑え、タイヤに掛かる駆動力をスムーズに路面に伝え、トラクションを得やすい状態を作り出し、車体の駆動力・制動力を保ちます。

ショックアブソーバの種類

ダブルチューブ

ダブルチューブ 筒が2重に配置されており、内側をオイル室、外側をエアー室とした構造であり、中には低圧加圧をすることにより安定した減衰を得る構造としたものもあります。
小型コミューターから大型アメリカンタイプまで多岐に渡って採用されています。
もっと詳しく

シングルチューブ

単筒式タイプ

単筒式タイプ

オイル室とガス室が完全に分離しているため減衰力が安定し、高い性能を発揮することができます。
但し小型車の一部には隔壁を設けていないタイプが採用されていることもあります。(エマルジョンタイプ)
非常に幅広い車種に採用されています。
もっと詳しく

 
加圧サブタンク付き

加圧サブタンク付き

基本的にはシングルチューブ(単筒式)と同様ですが、更に、オイル量が多く放熱性に優れ、幅広いセッティング自由度を備えた高級モデルです。
特に性能を要求されるタイプの車体に採用されています。



ショーワの取り組み

2輪ロードレース、モトクロスレースで培った技術を市販車にフィードバックしています。

ロードモデルでは 近年、タイヤのグリップ性能の向上、ブレーキシステムの性能向上に伴う、ブレーキングでのフロントの急激な沈み込みを抑え、且つ、路面ギャップの吸収性、乗り心地を両立できるBig Piston Front Forkフォークを開発。またリヤクッションでもタイヤのトラクション向上を図るべくBalance Free Rear Cushionシステムをロードレースに投入し、量産化を目指しています。
オフロードモデルでは フロントフォーク太径、高剛性化による重量増に対し、大幅に軽量化できるSeparate Function Front Fork構造を市場投入しています。
レースという極限での使われ勝手での性能、機能向上を市販車にフィードバックし、

  • 操縦安全性が高い
  • 乗り心地が良い
  • 軽い
ショックアブソーバの供給を目指しています。

また、今後更なる販売拡大が予測されるアジア市場において、魅力的な製品をユーザー様にお届けするためにタイに開発拠点を新設。タイムリーな開発体制を整えました。