ショックアブソーバ自らが走行状態を判別し減衰力を可変。四輪車用製品 SFRD Sensitive Frequency Response Damper

開発の狙い

 電子制御に頼ることなく減衰力を可変することが可能で、様々な状況下において車両の乗り心地と操縦安定性を両立させることを狙いとしました。


技術的特徴、優位性

 一般的な可変ダンパーは、多くの場合サスペンションの作動ストローク等の車両状態をセンシングして減衰力を電子的に可変させますが、SFRDは高周波まで対応可能な周波数応答式減衰力調整構造を採用し、メカニカルに路面の周波数を自動判別し滑らかに減衰力を可変させています。
  これにより、荒れた路面ではスムーズに作動しコーナーではしっかり踏ん張ることにより、様々な状況下において車両の乗り心地と操縦安定性を両立させています。


作動原理

作動原理