SFRD(Sensitive Frequency Response Damper) 周波数応答型ダンパー

 路面から伝わる振動の周波数に応じて減衰力を自動的に調整する構造をメカニカル式で実現。操縦安定性と乗り心地を高い次元で両立する一方、電子制御システム等が不要のため、低コストと軽量化に貢献します。改良型SFRD®では効率の高い油圧流路設計(第2世代S-SEES®)により減衰力の応答性をさらに向上しています。

操縦安定性と乗り心地の向上を実現

 路面から伝わる振動周波数に応じて減衰力を可変するダンパーをショーワ独自のメカニカル構造により実現。高価なセンサーや電子制御部品が不要な為低いコストで優れた乗り心地と操縦安定性の両立を実現しました。
  減衰力可変部分は同種の製品に多く見られる、可変時に生じる減衰力の急激な変化を低減する構造となっておりダンパー異音の原因になりやすい、荷重の乱れを大幅に減少します。これにより、より高い静粛性が求められるハイブリッド車等にも適した特性を獲得しています。

減衰力の応答性を更に進化

 改良型SFRD®では、新たに開発した効率の高い油圧流路設計(第2世代S-SEES®)を採用。従来型を上回る減衰力の応答性を実現することで操縦安定性と乗り心地をより高い次元で両立させるとともにロードノイズ低減にも成功しました。
  SFRD®は減衰力可変ダンパーの中でも小型、軽量、低コストが特徴で、改良型では従来型に比べ全長が短縮されたことで、車体の低ボンネット化等、サスペンションの省スペース化にも貢献します。

SFRD(Sensitive Frequency Response Damper)SFRD(Sensitive Frequency Response Damper)