レース技術のフィードバックによる次世代型フロントフォーク。二輪車用製品 Balance Free Front Fork

開発の狙い

 レース技術のフィードバックにより、減衰力応答性向上による優れたトラクションと吸収性の実現を狙いとしました。


技術的特徴、優位性

  当製品は、既存ダンパーの弱点である圧力バランスの変動が発生しにくい油圧回路を採用し、押し側と引き側の減衰力発生機構をシリンダー外側に集約したことで、スムーズかつ最適なオイルフローが可能となり、減衰力応答性向上による優れたトラクションと吸収性を実現しました。また、加圧による動き初めの制御性により、低速時の乗り心地と高速時の安定性という、相反する特性をこれまでより高い次元で両立できるようになりました。


構造

構造