SDBV(Showa Dual Bending Valve)

 HARLEY-DAVIDSONのツーリングモデルはフルドレス型もあり、装備品や積載物や二人乗りによって、車輌総重量はかなり大きくなります。そのため、サスペンションには良好な乗り心地だけでなく、これら重量物によって挙動を乱されないことが求められます。特に、ABSの装備によって強いブレーキングが可能になると急激なノーズダイブを生じやすく、フロントフォークに改良を加える必要性がでてきました。従来からのフリーバルブタイプは、ノーズダイブを抑える低速度域でのピストンスピード(サスペンションの作動速度)で圧側減衰力を発生させにくい構造であり、この課題をクリアーしたのが『SDBV(ショーワ・デュアル・ベンディング・バルブ)』です。『SDBV』は安定した減衰力特性の為、路面のうねりなどによる車体のふわつきを抑えるメリットも備えています。基本構造はフリーバルブタイプに準じており、コスト増、重量増が最小限に抑えられ、生産性も高いので、他機種への展開が可能です。

新開発のバルブユニットを使用し、安定したダンピング特性を実現

 フロントフォーク(正立型)のベーシックな構造であるフリーバルブタイプは、今までに多くのモデルに採用されてきました。フリーバルブ構造は、オリフィスによるダンピング特性でピストンスピードの変化以上に減衰が立ち上がる(二乗型特性)ため、姿勢変化を抑えにくい課題がありました。
  『SDBV』では、フリーバルブ構造に代わり新構造のバルブユニットを搭載。チェックバルブとディスクバルブを伸び側/縮み側で独立して配置し減衰力をコントロールします。このバルブユニットはピストンスピードの低速域から高速域までリニアに変化する減衰力特性が得られ、特に凹凸の激しい悪路での乗り心地が改善されるほか、応答性が上がったことでホイールがしっかりと路面を捉え、信頼性の高いブレーキ性能と操縦性が発揮されます。

SDBV(Showa Dual Bending Valve)SDBV(Showa Dual Bending Valve)