ショーワの歩み

1938年 1938(昭和13年)   航空機部品を製造する会社として、昭和航空精機株式会社(東京都板橋区)を設立。
本社を東京都王子区(現・北区)に移転。商号を株式会社昭和製作所と変更し、自動車用部品の製造を開始。   1946(昭和21年) 1948年
1960年 1960(昭和35年)   愛知県春日井市に名古屋工場を設立。二輪車用ショックアブソーバ(フロントフォーク、リヤクッション)を製造。
埼玉県行田市に埼玉工場を設立。四輪車用ショックアブソーバを製造。   1965(昭和40年) 1965年
1974年 1974(昭和49年)   静岡県袋井市に浅羽工場を設立。二輪車用フロントフォークを製造。
インドネシアにピー・ティー・ショーワ・インドネシア・マニュファクチャリングを設立。   1978(昭和53年) 1978年
         
1981年 1981(昭和56年)   ブラジルにショーワ・ド・ブラジル・リミターダを設立。
インドにムンジャル・ショーワ・リミテッドを設立。   1986(昭和61年) 1986年
1990年 1990(平成2年)   栃木県芳賀郡芳賀町に栃木研究所(現・栃木開発センター)を設立。
本社を東京都中央区から埼玉県行田市に移転。   1991(平成3年) 1991年
1993年 1993(平成5年)   精機技研工業株式会社と合併し、同時に商号を株式会社ショーワに変更。
また、パワーステアリングの製造が加わる。
タイにサミット・ショーワ・マニファクチャリング・カンパニー・リミテッドを設立。     1993年
1994年 1994(平成6年)   米国の子会社3社(ショーワ・アメリカン・インコーポレイテッド、サンベリー・コンポーネント・インダストリーズ・インコーポレイテッド、ブランチェスター・エフシーエム・インコーポレイテッド)が合併、同時に商号をアメリカン・ショーワ・インコーポレイテッドと変更。
中国に広州昭和減震器有限公司(現・広州昭和汽車零部件有限公司)を設立。     1994年
1994年     熊本県下益城郡豊野村(現・宇城市)に株式会社九州ショーワを設立。焼結部品を生産。
イギリスにショーワ・ユー・ケー・リミテッドを設立。   1995(平成7年) 1995年
1996年 1996(平成8年)   中国に合弁会社四川寧江昭和減震器有限公司(現・成都寧江昭和汽車零部件有限公司)を設立。
カナダにショーワ・カナダ・インコーポレイテッドを設立。   1998(平成10年) 1998年
         
2002年 2002(平成14年)   中国に上海昭和汽車配件有限公司を設立。
タイにショーワ・オートパーツ(タイランド)カンパニー・リミテッドを設立。   2006(平成18年) 2006年
2006年     インドにショーワ・インディア・プライベート・リミテッドを設立。
静岡県御殿場市に御殿場第一工場を設立。   2009(平成21年) 2009年
2009年     タイにショーワ・リージョナルセンター(タイランド)・カンパニー・リミテッドを設立。
マシノ・オートパーツ・カンパニー・リミテッド(現・ショーワ・オートパーツ・ベトナム・カンパニー・リミテッド)を出資持分追加取得により子会社化。   2011(平成23年) 2011年
2012年 2012(平成24年)   インドネシアにピー・ティー・ショーワ・オートパーツ・インドネシアを設立。
メキシコにショーワ・オートパーツ・メキシコ・エス・エー・デ・シー・ブイを設立。   2013(平成25年) 2013年
2013年 2014(平成26年)   中国に昭和汽車零部件研究開発(広州)有限公司を設立。
台湾に台湾昭和貿易股份有限公司を設立。     2013年
2013年 2018(平成30年)   ドイツにショーワ・ドイチュランド・ゲーエムベーハーを設立。