安全衛生への取り組み

安全衛生基本方針

仕事をする上で、一番大切なことは、私たちが安全でかつ健康に働ける毎日があること。与えられる安全から自ら創る安全へ。自分の周りから職場へ、そして、社会へと広げ、より良い環境を築くことを全社安全衛生基本方針と掲げ、安全で働きやすい職場環境の実現を目指しています。

健康経営宣言

従業員一人ひとりが心身ともに安全・健康な状態でいきいきと働けるよう職場環境を整えるとともに、従業員の健康の保持・増進に積極的に取組みます。

組織体制

組織体制 目的
中央安全衛生委員会 労働安全衛生の予防保全施策を全社横串で実施し、事業所安全衛生委員会の活動水準の高位平準化を図り、安全で働きやすい職場環境の構築を目的とする。
事業所安全衛生委員会 従業員の安全と衛生に関して、調査審議し、事業所での安全衛生活動の推進と徹底を図ることを目的とする。


安全衛生活動の取り組み

労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)
  • 安全に衛生管理を継続的かつ自主的に進められるように労働安全衛生マネジメントシステムを2013年度より導入し、安全衛生水準の向上を図っています。
作業者目線の安全確保
  • KY(危険予知)活動、ヒヤリハット、安全QCサークル展開
  • 交通安全啓発活動強化
生産設備の安全確保
  • リスクアセスメントの実施
  • 設備信頼性検証の実施
安全教育の実施
  • 管理監督者教育、KYT(危険予知トレーニング)教育、危険体感教育
  • 階層別教育
衛生活動の展開
  • 事業所看護師による健康管理
  • 産業医、専門機関と連携したメンタルヘルスケアの展開
  • 職場環境改善の展開
  • 健康的な生活習慣(労働時間の適正化と有休取得の推奨)
  • ヘルスリテラシーの向上(健康保持・増進に向けた取組み)


労働災害の発生状況(当社)

度数率
2016年 0.43
2017年 0.15
2018年 0.75