F.C.C. TSR Honda France(当社製品装着)が鈴鹿8耐で5位入賞、2017/18 FIM世界耐久選手権のシリーズチャンピオンを獲得

発行日 2018年7月31日


 7月29日、2017-2018 FIM 世界耐久選手権シリーズの最終戦「鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」が三重県・鈴鹿サーキットで開催され、当社製品が搭載されている「F.C.C. TSR Honda France」が5位でフィニッシュし、見事FIM 世界耐久選手権シリーズの年間チャンピオンに輝きました。今シーズンは第2戦ル・マン24時間耐久レース(フランス)と第4戦オッシャースレーベン8時間耐久レース(ドイツ)でも優勝を果たしております。当社は製品の供給だけでなく、当社従業員がレース現場でライダーのフィーリングに合わせたサスペンションのセッティングをするなどして、チームをサポートしてきました。