Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(当社製品搭載)が鈴鹿8耐で26年ぶりの優勝

発行日 2019年7月30日


 7月28日、2018-2019 FIM 世界耐久選手権シリーズの最終戦「鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」が三重県・鈴鹿サーキットで開催され、当社製品のフロントフォークとリヤクッションが搭載されている「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(ジョナサン・レイ選手/レオン・ハスラム選手/トプラック・ラズガットリオグル選手)」が26年ぶりに優勝を果たしました。World Super Bike同様、当社は製品の供給と、当社従業員が現場でライダーの要求に応えたサスペンションのセッティングをするなどして、チームをサポートしてきました。
 Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hは、スタート直後からYAMAHA FACTORY RACING TEAMやRed Bull Hondaらと一進一退の攻防が続きましたが、200周を超えた辺りでジョナサン・レイ選手がトップを捉え、そのまま引き離しにかかりました。ゴールの19時30分まで2分を切ったところで、他車が撒いたオイルに乗ってしまい転倒を喫しましたが、そのまま赤旗が提示されてレースは中断されました。 約2時間の審議を経て、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hの優勝が暫定で決まり、7月29日に正式に優勝が確定しました。


 また、昨年のFIM 世界耐久選手権シリーズのシリーズチャンピオンでレース前の年間ランキング3位の「F.C.C. TSR Honda France」(当社製品搭載)は鈴鹿8時間耐久ロードレースでの逆転チャンピオンを目指し、果敢に攻めてライバルチームより上位の4位でフィニッシュしましたが、12位フィニッシュのTEAM SRC KAWASAKI Franceにポイントが届かず、2018/2019シーズンは惜しくも年間2位で終えました。


 アジアロードレース選手権に参戦している「HONDA Asia Dream Racing with SHOWA」(当社製品装着)は昨年の7位には及ばず11位でしたが、昨年のラップ数を上回る210周でフィニッシュしました。