四輪車用製品:ショックアブソーバ

機能と役割

 ショックアブソーバは、スプリングをともない車体とタイヤの間に取り付けられています。スプリングの弾性が路面からの衝撃を和らげますが、復元力も備えているため車体を振動させる原因になります。こうした振動を吸収するものをショックアブソーバといい、その粘性抵抗力を減衰力といいます。
  ショックアブソーバによって、乗り心地を向上させることはもちろん、車体の姿勢や操縦安定性をコントロールすることもできます。クルマの性格を決める重要な部品です。

主なショックアブソーバの種類

コンベンショナルダンパー(減衰力応答性向上技術)

コンベンショナルダンパー(減衰力応答性向上技術)

ダンパー内の静フリクションと動フリクションの差に着目し、これを極小化することでコンベンショナルなダンパーの基本性能を向上。

   
メカ式減衰力可変ダンパー

メカ式減衰力可変ダンパー

路面から伝わる振動の周波数に応じて減衰力を自動的に調整する構造をメカニカル式で実現。操縦安定性と乗り心地を高い次元で両立。

技術情報「SFRD」へ

   
電子制御式ダンパー [IECAS]

電子制御式ダンパー [IECAS]

独自の推定技術により既存のCAN情報からダンパー速度を高精度に演算し、操縦安定性と乗り心地の両立、およびロードノイズ低減を高いレベルで実現。

技術情報「IECAS」へ