S-SEES(Showa Super Empowering Efficient Suspension)

 ダンパー内の静フリクションと動フリクションの差に着目し、これを極小化することでコンベンショナルなダンパーの基本性能向上を図ったショーワの減衰力応答性向上技術S-SEES®。第2世代S-SEES®では、オイルの流れをCAE(Computer Aided Engineering)により解析。効率的な設計とすることで微振幅領域の減衰力を最適化し、ざらついた路面での乗り心地およびロードノイズの改善と、リニアリティの高い操舵応答特性を実現しました。

コンベンショナルなダンパーの基本性能を向上させる減衰力応答性向上技術「S-SEES」

 「コンベンショナルなダンパーの基本性能をどこまで引き上げられるか?」コンパクトカーやエコカーからラグジュアリーカー、スポーツカーに至るまで幅広いカテゴリーの四輪車にダンパーを供給するショーワにとって、これはいつの時代も忘れることのできない重要な開発テーマです。この思想に基づき、ダンパーの基本性能を向上させるために誕生したのが減衰力応答性向上技術S-SEES®。その第1世代では静フリクションと動フリクションの差を極小化し、滑らかな動き出しのダンパーを開発。操縦安定性と乗り心地の向上を実現しました。

 第2世代S-SEES®は、第1世代 S-SEES®よりもピストンスピードが速い領域における減衰力特性の最適化に注力。オイルの流路をCAEにより解析することで微振動の減衰性能が向上した結果、ざらついた路面での乗り心地を向上するとともに、操舵初期における車両応答性がよりリニアに立ち上がるフィールを実現しました。

 さらに四輪車用周波数応答型ダンパーのSFRD®電子制御式ダンパーIECAS®と組み合わせることで、幅広い領域で操縦安定性と乗り心地を両立させることが可能となります。

 S-SEES®はコンベンショナルなダンパーの基本性能を飛躍的に向上させ、低価格化と性能の両立が求められるコンパクトカーやエコカーへの装着に適しているのはもちろんのこと、操安性や乗り心地・静粛性が重視されるラグジュアリーカーやスポーツカーまで、優れた減衰特性を発揮します。

S-SEES(Showa Super Empowering Efficient Suspension)